上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日は6時限のHRの時間に、ちょっとした講演会がありました。

1954年、ビキニ環礁で行われた米軍の水爆実験の被害を受けた日本のマグロ漁船「第五福竜丸」

当時それの乗組員だった方が、わざわざ僕らの学校まで来て下さり、当時の状況やこれから若い世代に伝えていきたいことなどをお話しして頂きました。

放射能という、目に見えず数値でしか分からない、しかしとても恐ろしいもの。

それを大量に含んだ「死の灰」といわれる放射能降下物を浴びた乗組員たちは、日本に戻ってきた後も病気や障害に苦しみながら、かつ差別にも苦しんできたようです。

もっと早く、日本は被爆者への処置の基準のハードルを下げるべきだったと思います


さて、僕は安直な平和主義論は支持しません。
世界に、核という「技術」がある限り撤廃は不可能だと思います。

だって、一番強い兵器なんですよ?
仮に自国が手放したとしたら、他国が保有しているという事実に怯えながら国交を行っていくことになります。

どこの誰が、それを自分から進んでやろうと思うのでしょうか?

答えは、「居ない」。
誰もが安心を欲しがる、今の時代の安心は、「強さ」「軍事力」

いつになっても変わらないんですね、世界大戦などで大陸が火の海と化しても、「力」には抗えない。
いつかは同じ過ちを繰り返してしまうのだと思う。

ですが、逆に自ら「力」を手放し、丸腰の体制で世界に関わろうとする国が現れたらどうでしょうか。

日本みたいにアメリカという「ブランド」に縋りながらではなく、本当に独立した一国として。

もしもそういう国が現れ、どこかの大国が一つでも感化されて呼びかけることが出来れば…

何かが変わるかも知れませんけどね。

あくまで僕の考えなので、他の考えも沢山あると思うんで、正解なんて存在しませんが。


ところで、どうして急に講演会なんて行ったのか…

実は今週、僕ら中3は社会科見学があるんです!

地方裁判所の刑事裁判の傍聴、東京都立第五福竜丸展示館の見学、日本銀行の見学という行程らしいので、少しワクワクしたりしてます♪

首都圏に住んでいても、なかなか見に行く機会ありませんもんね~

夕方4時に神田駅解散なので、帰りは秋葉にちょっち寄ってこうかな(笑)



スポンサーサイト

No title

>>モツさん
コメ返遅れてごめんなさいっ
既に、自発的で能動的な行動は難しくなってますもんね~
無理矢理にでも、何か手を打たないと状況は酷くなる一方…
2010/02/23 07:45 |OCEAN #79D/WHSgURL[ 編集 ]

No title

オバマ大統領の「核なき世界」の宣言にも関連する話ですね。
そもそもこの演説によるノーベル賞受賞は提唱した内容そのものに対する評価としてでなく、「言い出したお前がちゃんとやれよ」と釘を刺したのだと思います。
日本はどちらかというと「~~べきだ」「~~べきでない」という話で収束を図ろうとしているように個人的に思えますが、思想・考え方の統一というのはほとんど無理な話で、ならばこのノーベル賞などにより「そうせざるをえない」状況に追い込むことをすべきだと思ってます。
あと、核が無い世界になったとして、本当にそれが安心できる世界となるかも考えるべきことですね。
おっしゃったとおり、「技術」というものは残りますから、もう技術というものを持つ人間がいるかぎり100%の安心は手に入れられないわけです。
人間がこの世に残る道をとるのなら、我々はどこまで安心を追い求めれば気が済むんでしょうね・・・
2010/02/15 23:46 |モツ #79D/WHSgURL編集 ]

No title

>>セフィアさん
い、一億倍ですかΣ
恐ろしいですね…そんなのを何個も積んだ潜水艦が太平洋の底には…><
2010/02/15 22:44 |OCEAN #79D/WHSgURL[ 編集 ]

No title

俺もそんな感じのビデオ見たことあるよ。水爆は威力が凄いよね。あぁ~恐ろしい。
ちなみに原爆の威力は通常の爆弾の1億倍だったけな?この前大学の授業の中で計算で求めたんだけど、忘れちゃったわ(笑
2010/02/15 22:33 |セフィア #79D/WHSgURL編集 ]

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

powered by
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。